私たちの体の約60%は水分と言われています。ここで水分と聞くと、皆さんは水をイメージする方が多いのではないのでしょうか?体の約6割を担うこの水分の正体について迫った行きたいと思います。

体の水分の割合

私たちの体の約60%は水分で、残りの40%がタンパク質、脂質、無機質などの固形物から構成されています。この体の中の水分のことを「体液」と呼びます。体液量の割合は、年齢や性別、脂肪の量などにより変化します。水分量が増えるのは子供に多く、体重の70~80%を占めています。逆に水分量が減るのは、高齢者や皮下脂肪の多い女性で、約50%になります。基本はこのように個人差が出て来るのです。

体の水分の内訳とは

体液は、「細胞内液」と「細胞外液」に分類されます。これは、脂質からできている細胞膜の内側の水分か、外側の水分かの違いです。内と外で存在する物質も異なっています。さらに、「細胞外液」は毛細血「組織間液」と「血漿(けっしょう)」に分けられます。

体重に占める水分量の割合60%のうち、
細胞内液:40%
細胞外液:20%(組織間液に15%、血漿に5%) 

となります。

細胞内液が細胞外液の2倍であることが体にとって大切なのです。細胞外液は血液成分でもあるため、その量が減少した時にも、細胞内液が細胞外に移動して補う役割を果たしています。

細胞内液はエネルギー産生やタンパクの合成など、代謝に作用します。
細胞外液は血液量を維持し、栄養素や酸素を細胞へ運んだり、老廃物を細胞外に運び出す役割を果たしています。

体の中の水分は、多くの役割を果たしている事を知っておくと、水分の摂り方や飲み物の選び方、塩分とは何かが分かって来ますよ!

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP