我々ヒトは約100兆個の細胞が集まって出来ています。そんな細胞があるからこそ我々は生きていけるのです。一見筋トレやダイエットに関係なさそうですが、実はこういった体の作りを知ることで大きく結果が変わってくるのです。ぜひ一緒に考えていきましょう!

細胞は各部位によって

神経細胞:体の様々な情報を伝達
筋細胞:筋を収縮させる

など役割が変わります。そして細胞を構成しているのは、

・水分85%
・タンパク質10%
・脂質2%
・その他DNAなど3%

ほとんどが水分でできているんですね。

<細胞と組織、器官>

特有の機能を持つ細胞同士が集まって組織となります。
例:筋組織、結合組織等

数種の組織が集まって出来たものが器官
例:心臓、肺、胃等

心臓を細胞レベルで考えると
筋組織:収縮するため
繊維組織:弁(逆流を防ぐフタ)を構成
細胞:拍動、リズムを一定に

これだけの組織や細胞が集まって心臓という器官が成り立っているのです。人間が何から出来ているのか知ると、食べるべき物も分かってきますよ!

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP