こんにちは!
本日はトレーナーの方向けの内容になっております。現在、健康ブームによりジムに通う方が増えています。それに伴い、ジムのトレーナーも増えていますよね。トレーナーという仕事は国家資格ではないので、特に資格がなくても誰でもなれるのが現状ですが、その分、カラダについて学んでいく必要があります。

そこで本日は、どうやってカラダについて学んでいけば良いかお話していこうと思います。

○解剖は骨や骨格から学ぶ

どうしてもトレーナーは筋肉のイメージが強いと思いますが、その筋肉は骨に付着しています。骨の位置関係が変わると筋肉の作用も変わって来るため、まずは骨や関節の位置・動きを覚えましょう♪

○重力を理解しよう

骨や筋肉を覚えたら、次に重力について考えましょう。それぞれの筋肉が重力とどう関係しているのかを理解すると姿勢の変化や運動がより簡単にイメージできるようになります。まずは簡単な物理から理解しましょう。

○生化学や遺伝子について理解しよう

これは上級者編です。カラダに携わる仕事であれば、そもそもカラダがどんな物質から出来ているのかを理解しなければなりません。特に現代では、遺伝子レベルで人の体を見る時代に突入しています。これからは遺伝子ベースで運動指導していく時代になる可能性が高いため、乗り遅れないように学んでおきましょう。

以上が学ぶべきポイントになります、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP