こんにちは♪BT fitness代表の渡邊です!本日は我々のカラダを支えてくれいる骨についてお話します!

骨の役割 ①カラダを支える

これは皆さんご存知だとは思います!

重力に対しても対応出来るように
カラダの重さを支えてくれます
↓↓
支えられなくなった状態が
高齢者の背骨の骨折に繋がります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

骨の役割 ②運動の支点になる

人の体は骨と骨が繋がり
その間に関節が存在します。

筋肉はその上に付いていますので、
カラダを動かすのは筋肉だと
イメージする方も多いのでは?

大切な考え方として
骨と骨が繋がる事で体は動いている

という事を理解しておきましょう♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

骨の役割 ③血液をつくる

正確に言うと
血球( 赤血球、白血球、血小板)
を作ります。

骨の中の骨髄(こつずい)で
生きていく上で必要不可欠な血液が
つくられているのです!

ここは意外と知られてない所ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

骨の役割 ④カルシウムを蓄える

体内のカルシウムの量が減ると、
骨に蓄えたカルシウムを血液中に
補給出来るようになっています。

血液中のカルシウムの役割は、
・神経を伝達する
・血液を固める
・筋肉を収縮させる

この本質を理解すればカルシウム
摂取の正しい方法が分かります!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

骨の役割 ⑤臓器を守る

大切な臓器がある部位には
必ず骨が存在しています。

・脳は頭蓋骨(ずかいこつ)
・心臓や肺は肋骨(ろっこつ)
・脊髄(せきずい)は背骨

これらの臓器は体を動かす上でも
とても重要なので骨の動きや形も
理解しておく事が大切です!

本日はここまで!
骨に関して分かるとカラダについてもより理解が深まりますよ♪

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP