こんにちは!BT-fitness代表の渡邊裕也です♪
本日はカラダの悩みで最も多いお腹周りについてのお話です。お腹周りをスッキリ見せるには、運動だけでは難しいのが正直な意見です。どうすれば効率良く鍛える事ができて、モテボディを手に入れることができるのか解説していきます!

①クランチが全てではない

腹筋の鍛え方の代表格の一つと言えば、いわゆる腹筋運動と呼ばれる、仰向けになった体勢で、体幹を曲げて背中を床から離していくクランチ。筋トレに詳しくない多くの人にとっては、これこそが腹筋の筋トレであり、おそらく最も頻繁にそして中心に取り組んでいる筋トレ種目ではないでしょうか?

クランチでは背骨を丸めていく体幹屈曲を行うため、そこにはお腹前面にある腹直筋を中心に、お腹のサイドにある腹斜筋が関与していくことになり、確かにクランチは腹筋に効きます。しかし、覚えておきたい正しい腹筋の鍛え方の豆知識の一つが、腹筋を鍛えるのであればもっと効果的な筋トレ種目が沢山あるということです。

アメリカのフィットネス機関の ACE がまとめた報告によると、次のように、数々の筋トレ種目がクランチより効果的だということが明らかになっていたり。(クランチをやった時の腹直筋と腹斜筋の活性度を 100%だとした場合、それぞれの筋肉がどの程度各筋トレ種目で活性するかを測った結果報告)このように、腹筋にしっかり効く正しい腹筋の鍛え方を考えた場合、実はクランチ以外の筋トレに取り組んでいくというのが、より効率的で効果的になってくるのです。

②お腹前面と後面も鍛える

正しい腹筋の鍛え方を考えた場合、ただ腹筋だけに意識を向けて強化しているだけではダメなのです。実は腹筋の鍛え方を行っていくにあたり、絶対に忘れてならないのがその逆側。つまり、下背部(腰)も強化していくということ。

人間の関節周りを支える骨格筋というのは、必ず逆の働きをする筋肉同士が対になる形で存在し、上手にバランスを取りながら正常な身体動作を維持しています。しかし、どちらか一方が強くなりすぎてしまうと、弱い方の筋肉が強い方の筋肉に引っ張られ、その状況が長く続くと、今度は骨にまでストレスがかかり始め、痛みが出てきたり、曲がってしまうリスクがあります。

そして、お腹周りの筋肉の不均衡が生じた場合に出てくる悪影響の一つが、いわゆる腰痛です。せっかく鍛えても体を痛めてしまうとなんの意味もないですよね。

このような、お腹前面と後面のバランスを取るためにも、腹筋の筋トレ方法を考える際には、必ず逆側の筋トレ方法(脊柱起立筋を中心に)も、忘れないようにしましょう。

③お腹側面も忘れずに

そして、お腹の前面と後面と一緒に、忘れてはならないのがお腹の側面。お腹の側面には、腹斜筋という、体幹を横に倒したり捻ったりという動作を司っている、とても大切な筋肉が存在しています。

腹筋を割る場合、この腹斜筋もしっかりと強化しておかないと、上で触れたような筋肉の不均衡が生じてしまったり、またシックスパックを手に入れる場合も、いつまでたってもサイドの形が美しくならないなんてことになってしまいがち。

体幹を前面に曲げる体幹屈曲動作の中でも腹斜筋は関与しますが、それ以外にも体幹を横に倒す「体幹側屈」や、体幹を捻る「体幹回旋」の動きが入るトレーニング方法も、一緒に抑えておきましょう。

④シックスパックはすでに存在している

「シックスパックを作るにはどうしたらいい?」このような質問が良く聞かれます。ここで質問に答えるのなら、実は「もうすでにありますよ」という回答になります。大きさや厚さの違いこそあれ、誰しもがシックスパックをすでに持っているのです。

そしてこのことは、腹筋の鍛え方の必須知識として知っておくべきことです。ではなぜ、シックスパックがお腹の前面に無いと感じるかというと、それは単純に、お腹前面の腹直筋(シックスパックの筋肉)の上に脂肪が乗っているために、その脂肪の上から腹直筋の形が見えないから。

つまり、シックスパックを「露出」させるためにも、

1. 脂肪があっても目立つぐらい腹筋を厚くする

2. 腹筋の上に乗っかっている脂肪を落とす

という、二つのアプローチを行っていくと言うのが最も効果的です。その中でも、お腹周りの脂肪が多い人の場合は、まずは脂肪を落とすというのを優先させていくと、効率良くシックスパックがお目見えすることになります。ちなみに、望む結果が得られないのは99%、カロリーを摂取しすぎているか、食べ物のチョイスが悪いか、またはその両方の間違いを犯している場合です。

本日はここまで!また次回後編をお楽しみに〜♪

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP