本日は呼吸をテーマにお話ししていきたいと思います。

我々人間は1日2万回程度の呼吸を行なっていると言われています。トレーニングにおいて、この呼吸をマスターするのとしないのとでは大きく差が出ると言っても過言ではありません。全てのトレーニングのベースとなる呼吸を一緒にマスターしていきましょう‼︎

・そもそも呼吸って何なの?

呼吸とは、酸素を体内に取り込んで二酸化炭素を排出するガス交換を行う為の運動の事です。つまり、呼吸は立派な運動の一つなのです。この呼吸が正しく行える事で、体内の血流量を増やして体温を上昇させたり、内臓や筋肉の機能を維持させる働きがあります

・呼吸に使われる筋肉とは

呼吸は息を吸うときの「吸気」と息を吐くときの「呼気」に分かれています。それぞれ使われる筋肉も異なります。

安静時(リラックスしている時)

吸気:横隔膜、外肋間筋

呼気:無し      ←意外と知られていませんね

努力時(意識している、運動している時)

吸気:横隔膜、外肋間筋、呼吸補助筋(胸鎖乳突筋、斜角筋、大胸筋など)

呼気:内肋間筋、腹筋群、腰方形筋など

普段我々が無意識で行なっている呼吸と、運動中などの意識しながら行なっている呼吸とでは使う筋肉も異なります。

この違いは後々大切になってくるので覚えておいて損はありませんよ。

・呼吸の種類について

呼吸には胸式呼吸と腹式呼吸という2種類の呼吸方法が存在します。普段皆さんが運動中などにされている呼吸の大半は胸式呼吸です。この胸式呼吸のクセがついてしまうと病気や身体機能のパフォーマンスアップの観点から見てカラダに悪影響が出てきやすくなります。いかに腹式呼吸をうまく行えるようにするかが今回のポイントとなります。

ご覧の方は既に、腹式呼吸って大切だということは理解していただいていると思います。しかし、具体的なエクササイズ方法は意外と知られていません。次回からはこの腹式呼吸についてお話していきますのでお楽しみに♪

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP